まだ知らない人必見!頑張らないで5キロ痩せる方法があった!

まだ知らない人必見!頑張らないで5キロ痩せる方法があった!

お風呂は女性にとって重要な美容タイム。この時間に、ダイエットが叶うならそれに越したことはないですよね。
以前にはダイエット法として半身浴が流行しましたが、近年では半身浴以上の効果があるとされる「高温反復浴」が流行しています。今回はこの「高温反復浴」について解説します。

高温反復浴ってなに?

高温反復浴とは、文字通り高温のお風呂に反復して何度も浸かる入浴法のことを指します。 高温とはおおよそ40度から42度程度のことを指し、この温度のお湯に何度も浸かることで一度に300キロカロリーほど消費できると言う説もあります。
ダイエット中の女性なら是非試してみたい入浴法ではないでしょうか。以下では具体的な高温反復浴のやり方について説明します。

高温反復浴のやり方

  • 高温の湯船に5分間肩まで浸かる
  • 一度湯船から出て、シャンプーをする
  • 再び湯船に3分間浸かる
  • また湯船から出て、 トリートメントをする
  • 再び湯船に3分間浸かる
  • また湯船から出て、体を洗う

これを繰り返すのが、高温反復浴です。お風呂に入ったり出たりを繰り返すだけで、驚くほどの汗をかくことができるのが、高温反復浴のポイントです。
高温反復浴では、全身からたっぷりと汗を出しますから、毛穴の中の老廃物が排出される効果も期待できます。
また、トリートメントやヘアマスクをする場合は、そのあと洗い流さずに入浴することで、トリートメントやヘアマスクの浸透を狙うことができますから、ダイエットだけでなく美容にもメリットのある入浴法です。
また、シャンプーやトリートメント以外にもアウトバスのケアがあるなら、何度も反復浴を繰り返すことができますね。
さらに、入浴中の3分間も、全身のマッサージやちょっとしたストレッチを行うことで、有効活用することができます。
お風呂の中は水の抵抗がありますから、ちょっとした動きでも筋肉は刺激されるもの。お風呂の中で腰を捻ったり、足を持ち上げたりして簡単なエクササイズを行うと効果は倍増します。

まだ知らない人必見!頑張らないで5キロ痩せる方法があった!

高温反復浴のメリットとは?

高温反復浴のメリットは大きく分けて3つあります。

1つめは、短い時間で脂肪燃焼を促進させることができることです。半身浴では長い時間湯船に浸かる必要がありましたが、高温反復浴は短時間で効果を得ることができます。
仕事やプライベートに忙しい現代女性にぴったりのダイエットと言えるでしょう。時間がかかりませんから毎日の習慣として続けられるのも嬉しいポイントですね。

2つめは、熱いお湯に浸かると、空腹感が薄らぐこと。人間の身体は熱いお湯に浸かると胃の動きが緩やかになることが分かっています。
結果的に私たちは空腹を感じにくくなるのです。食前に高温反復浴を行えばその後の食欲を抑えることにもつながるでしょう。無理な食事制限とは違うので、ストレスを感じずに食事の量を抑えることができます。

3めは、お湯の水圧によって血流やリンパの流れが改善されること。これは高温反復浴に限らずすべての入浴法で言えるメリットです。全身の巡りが悪いと、冷えやむくみが表れたり、疲労が溜まりやすくなったりします。
これらは全てダイエットの天敵ですから、湯船にしっかり浸かることによって、痩せにくい体質とさよならしましょう。
高温反復浴は毎日行うことが理想的ですが、週に1度や2度など出来る範囲で行っても構いません。
週に2回程度の高温反復浴で代謝が上がったり基礎体温が上がったりする方もいるようですから、生活に支障のない範囲でまずは週に1日から始めてみてはいかがでしょうか。

高温反復浴の注意点

高温反復浴は、短時間で大量に汗をかきますから身体への負担が大きいのも事実です。 しっかりとしたダイエット効果を出すためにも、以下の注意点に気をつけるようにしてください。

1.水分補給はしっかりとしましょう

お風呂の中に飲み物を持ち込んでも構いません。ただし飲み物は水にしておくのがよいでしょう。一度にがぶがぶと大量の水を飲むのではなく、少量の水を口に含んで口の中をゆっくりと湿らせると、より汗が出やすくなります。

2.空腹時と食直後の入浴は避けましょう

空腹がひどいタイミングと、お腹がいっぱいのタイミングは高温反復浴には適しません。空腹でも満腹でもないタイミングを選んで入浴するようにしてください。

3.高温反復浴は1日2回までにしましょう

身体に大きな負担がかかる高温反復浴ですから、1日に何度も繰り返すことはお勧めできません。汗をかきすぎると、脱水症状になる可能性があるためです。最大でも一日2回程度に抑えて、代わりに日数を多く繰り返すのがおすすめです。

4.健康状態を確認しましょう

お風呂上がりに立ちくらみがある方や、お風呂でのぼせやすい方、貧血持ちの方にはお勧めできない入浴法です。
どうしても試したい場合は、何度も反復するのではなく入浴を2回から3回程度にして、短時間で終わらせましょう。また、妊娠中の方の高温反復浴は厳禁です。

まとめ

高温反復浴のやり方や、そのメリット、注意点などがおわかりいただけたのではないかと思います。日々の入浴を工夫することによって、すらりとした美ボディを目指してくださいね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る